プロフィール

西 富士男

賃貸経営
コンサルティングマスター

詳細はこちら>>

最新イベント情報!!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

大家検定(R)の動画説明

大家検定の概要とその種類を解説1 大家検定の資格を取得するメリットを解説2 大家検定の資格を取得する2つの方法を解説3

検索フォーム

携帯専用QRコード

QR

『大家検定の懇親会』大盛況!

100名近い参加者なので人脈も広がります!!

大懇親会の様子をアップしてますのでご覧下さい!!   

こちらをクリック>> 

お問い合わせ

お問い合わせ
おきてがみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--

一番大切な事を忘れている安保法案!今こそ外交が重要!!

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 






いろんな場面で安保法案賛成の意見が何故か増えてきましたね。情報統制されているのかもしれません。安部総理のSNS関係(フェイスブック等)のコメント欄は称賛の嵐です。明らかに不自然・・。





安保法案は参議院で万が一可決出来なくても、再度衆議院で3分2以上の議席を持つ自民党がいるので可決されるでしょう。





安保法案に賛成をした人は大体こんな事を言ってますね。中国や北朝鮮が世界の常識を超えた軍事圧力や南シナ海での基地を作ったりと横暴な部分があり、いつ日本も攻められるか分からない。




時代は変わった。だから、私達も武器を持って自衛をし私達も攻めちゃうよ!と威嚇すれば相手も攻めてこないようになる。だから安保法案賛成だと。これが安部さんのいう抑止力ってやつです。




更に賛成派の人が安保法案反対の人に対して、日本の近隣で何が起きているかも分からない位日本人は平和ボケになった、と言っている。要は賛成派の人達はグローバル的に捉えてるので、その危機を理解しているので賛成だと言っています。




でもちょっと違いますよね。私は安保法案反対派ですが、賛成している人より世界情勢や近隣国も理解してると思います。決して平和ボケになんかなってません。




反対派は平和ボケになった訳でもなく、勿論近隣国が横暴をしてきている事も理解している。その上で反対しているのに平和ボケという一言で片付けているからたちが悪い。これこそが全く考えるという事をしてない証拠。




相手が武器を持って攻めてくる可能性が高いから、私達も武器を持って攻撃出来る様にするなんて考えをするなら、極論、世界各国核武装しないといけなくなりますよね




相手が核爆弾を持っていて日本が持っていなければ安保賛成派の言う抑止力なんて効果ないですよね。




日本は核爆弾持ってないから大した事ないから攻めるか!と言われますよ。賛成派は核所有も当然認めると言う事ですかね?そもそも日本は原発を狙われたらお終いですが・・。




武器を持って抑止力を高めるなら最高の威力を誇る核爆弾を持たないといけません。こんなくだらないレベルで安保法案について議論すらしたくないし、敗戦した過去の歴史も全く学んでない。




私からすれば過去の痛手を忘れ同じ事を繰り返そうとしている賛成派の考え、これこそが平和ボケと感じます。




ただ、私達は一番大切な事を忘れてます。外交です。




近隣国が攻めてきたら・・なんて心配し武器を持って攻められる法案を通す暇があったら、近隣国にそうさせない様に交渉するのが、外交の役割ではないでしょうか?




正直、安部政権は最善の外交努力をしたかと言うと、警戒をしている近隣国とは何の努力もしてませんよね。それどころか反感を買う発言や行動を首相自らやってしまい、危機を作った。




外交の努力なく、相手が威嚇してきたからと言って、じゃあこちらも武器を見せて威嚇し抑制しようなんていじめられっ子が最後にとる手段みたいで情けない。




口があるなら外交で最善の努力をしろと言いたい。




これを言うと恐らく安保法案賛成派は『文化も違うし話し合って分かり合える相手ではないから仕方ない』と言う。これまた考えるという事をしてない証拠ともとれる発言をする。思考停止状態・・。





同じ人間、話し合ってすべて円満解決はないにしても妥協案位は出来るでしょう。それが出来ないなら、唯一言葉のコミュニケーションが出来る人間である意味がないし、外交は世界で無駄な血を流さない為にも死に物狂いで交渉を行うべきなんです。




今の安保法案での議論、この過去の外交努力をまず怠っていた事で近隣国の横暴を招いたという事実と、これから外交努力するべきという事を吹っ飛ばしてますよね。




そして賛成派の人に言いたい。武装して抑止力が生まれるなんて甘いですよ。武器を持って自ら振り回せば、いつかその武器で自分の身体を傷付けます。




武器を持って抑止力なんて弱者の発想で海外戦闘地で反感を買い、抑止力が発揮出来ず戦争になったらどうするんですか?




まず賛成派の人は戦地に先頭に立ち戦闘して下さい。お子様やお孫さんに『僕、戦争に行きたくないよと言われても、『大丈夫だよ、兵站という役割で後方支援で安全だから安心して行って来なさい。』と言って下さいね。

※ちなみに戦争においてまず兵站(後方支援)から先に攻撃する事は常識です。




恐らく今年末、韓国にいたアメリカ軍がほぼ撤退します。アメリカ軍のいなくなった韓国と北朝鮮で戦争が起きる可能性があります。




そんな時、南シナ海に戦闘の出来る自衛隊が武器を持っていたらどうなる事でしょう。巻き込まれ確定!です。賛成派の方、この時国民から自衛隊を募ったら絶対に行くべきです。あなた達が指示したんですから責任はとりましょう。




賛成だけして、いざ自分が戦地に行く状況になって逃げるは無しですよ。その位の覚悟で賛成してるんでしょうから。




もう遅いかもしれないが、私は戦闘など加わらず無駄な血を流さない方向に行く様に外交を死ぬ気でやるべきだと思っています。そうなる事を切に願います。










   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif


≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2015.07.23

合法的踏み倒し!(預金封鎖・財産税)

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 









ギリシャはいよいよユーロ離脱の可能性が高まりましたね。ギリシャの国民は預金引き出し制限の影響で夜中0時を過ぎても銀行ATMに長蛇の列だそうです。


ギリシャ預金封鎖ATM行列




このままだと近日中に1円も出金出来ない完全な預金封鎖になります。銀行も入金が殆ど無く出金のみの経営なんて長くは続きません。いずれにしても注意して動向を見守りたいと思います。





我々日本人もこのギリシャの状況を見て、明日は我が身と考えるべきです。





私は日本で同じ事が起きた時、明日の生活費を心配し、出金出来るか分からないATMに夜中0時過ぎに並ぶのは御免です。





勿論、そんな状況になってから対策をとっても遅いわけで、預けてある預金は財産税や預金税なんて名前のもと一生懸命稼いだ預金は実質国に没収されます。





ちなみに日本は戦後預金封鎖をして、その預金に対し財産税を最高で90%課税した実績がありますので要注意!!


財産税課税率一覧

(当時の財産税課税率一覧)





国の財務状況悪化に伴う日本の動きは10年以上前から着々と進んでいる。国民から資産を取るための動きとも言える。





犯罪収益移転防止法(マネーロンダリング)から始まり特定機密保護法・相続税改正・出国税導入・マイナンバー法と、上げればまだまだキリがない位ある。





どれも日本国民にとって『○○を安全のため・・』という名目で決められる。集団的自衛権も『国民の安全を守るため』ですよね。





これらの法律は破綻するであろう日本財政に対し、国民の資産を国に移転してチャラにすり事を合法的に行う為に行う法律施行や改正であり、着々と個人資産把握&資産を国へ移転するために進められている流れだと言っても過言ではない。恐ろしい合法的踏み倒しです。





私は2006年位から今上げた各法律、マイナンバーみたいな法律が出来る事は分かってました。当時から日本財政は悪い方向に向かっており、懸念されていたから。





単純にこのまま日本が今の財政が修復せず悪化したらどうなるの?を考え、世界の歴史に学んだらこの様な動きになる事が分かっただけです。





全ては国の借金を棒引きにする合法的踏み倒しの為の動きですが、国の借金の踏み倒しの有効手段の一つである戦争は流石にないかな?と10年前は思っていたが、それまでも予定通り今や現実味を帯びてきてる。





日本国民にとってあまり良くないですが、全て予定通りに進んでます。そういった事にアンテナを少しはるだけで自分が取るべき行動は見えてきます。それを行動に移す人は全国民の3%と言われている。





私は周囲から馬鹿にされようともやれる事は実行している。なぜなら過去の歴史において生き延びた人は周囲から馬鹿にされた3%の人だったという事実があるからです。





過去から学習して真似るだけです。





ギリシャの問題が話題となる一方、中国の株価下落が凄まじい・・・この3週間で約400兆円分の価値が下落したとか・・・





ギリシャより中国の金融危機が起きた方が遥かに世界に与える影響は絶大でどうにもならない。こちらの動きは更に注意が必要です。 日々、世界経済は目まぐるしく動いている。





じっくり考えて検討する・・・なんて余裕はないと私は思っている。資産の半分は無くなる覚悟でリスクをとる時代到来ではないでしょうか。逆に言えばそれだけ激変する要素がある時代とも言える。





これからの時代、走りながら冷静に早く判断、決断し実行・・・これに尽きるかも。





誰も未来は分からないが、少なくとも過去の歴史に学んで生き延びた人の動きを学習し実行するだけで、何も学ばず、学んで実行しない人よりは資産を守れる確率は高まると思います。






浦田先生もミニセミナーで同様の事を警告しています。こちらもご覧ください。











   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif


≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2015.07.08

安保法案と銃国家の共通点。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 








自衛隊について全く関係のない他国への戦争後方支援を行う安保法案が議論されている。



私は2年前に日本のリスクとして国家破綻と戦争が現実味を帯びるかもしれないと記事でもあげた。



少なくとも戦争なんて当時は無縁の雰囲気だったが、今ではかなりリアルになってきた。



時代は繰り返す。人類は70年スパンで大きな戦争をしている事からそんな記事を書きました。



今、いろいろ議論されている安保法案は銃社会と共通点がある様に思うのです。




ご存知の通り日本では銃刀法という法律があるので、銃を所持している事が非常識な国です。ただ、海外になると話は別です。銃を所持している方が常識である国も多い。



世界各国での100人あたりの銃所持人数(2007年のデータ)は次の通り。

1位、アメリカ 90人
2位、イエメン 61人
3位、フィンランド 56人
4位、スイス 46人
5位、イラク 39人
6位、フランス 32人



アメリカは銃国家なので多いだろうと予測はしていましたが、なんと9割もの人が銃を持っている事には驚きました。スイスやフランスも過半数弱と意外と高いのですね。




国民皆兵制のスイスでは数年前、徴兵が終わった後も自宅に銃を保管できる制度を見直すかどうかを問う初めての国民投票が行われ、賛成票43・7%、反対票56・3%となり、否決されたのです。




スイスでは、若者などが一定期間、兵役に就くことが義務づけられていて、有事の際には自宅に保管している軍用の銃を持って軍に参加することになっているのです。



国民投票で『銃は家で持っていた方が良い』という結論を出したのです。



永世中立国であるスイスは、投資家からも人気のある国で、戦争などが起きないという点から比較的ヨーロッパの中でも安全という認識があるため、マネーを同国に集める人が多いのです。



それだけに銃のニュースはイメージとは裏腹に意外な結果だったのと、同時に他国事ではなく、より身近に考えないといけない問題なのかもしれません。



でも何のために銃を所持するの?と思ってしまう。



答えはひとつです。それは家族や自身を護るための護身用か、いざという時の軍事参加のためですよね。




ちょっと考えると理解出来ますよね。自分以外の誰でも銃を簡単に入手し所有出来る環境なら、万が一銃口を自分に向けられたら、相手より先に自分が・・・となりますよね。



だから護身用として銃を持つ。目には目を・・銃には銃を、という考え方ですね。



今、議論されている集団的自衛権行使の安保法案は正に同じ考えではないかと感じる。



隣国からの軍事的な圧力から、万が一日本が攻撃されたら今の憲法では日本を護れないと。



武器を持ち先制攻撃が出来ると憲法を変えれば、相手が警戒し簡単には攻撃してこない様(抑止するため)に出来ると思ってるんですよね。



世の中そんなに甘くはないですよ!武器を持ったら一部の人が使うんです。使っちゃうんです。



もし銃社会に今回の安保法案の共通点があるなら、銃社会に視点を移しその問題点を見てみましょう。



銃国家で問題になっているのは、犯罪で悪用をする人が多い事と、自殺の加速につながったというケースがあるそうです。



海外ではほとんどの人が護身用として銃を所持していますが、毎日のニュースを見ても分かる通り、残念ながら銃を悪用し銃殺される事件が後を断ちません。



日本でも稀に銃の事件はありますが、海外に比べたらかなり少ない。その差は銃刀法という法律があるからという以外答えはありません。



今、安保法案で決議しようとしているのは銃を所有しましょうというのと同じだと思います。



銃社会が当たり前の海外でも、ほとんどの人が誤った利用はしていないでしょう。ただ、人間には悪い人が必ず数パーセントいて悪用がされます。悲しい犠牲者を出します。



これを国家がやったらどうでしょう?



戦争で後方支援なんて表現は海外には無く、そこにいたら敵対国と見なされます。必ず恨みを買いテロとか戦争という形で報復をされます



先程も言いましたが、銃刀法という法律があるから日本では銃の事件が少ない。ここにヒントがありませんか?



今は個人的に『国民が銃を持っていないのが当たり前』の日本は素晴らしいと思っています。海外にはない日本ならではの環境だと思います。これが一番安全な確率が高い。



様々な事がグローバル化し共益共存・協調しなければいけない時代になったとはいえ、全てを海外に合わせる必要なんてないですよね。



絶対に譲ってはいけないラインはあると思います。それを主張出来る経験をしているのが日本ですよね。



唯一戦争によって原爆を落とされた国として永遠に戦争は参加しないなんて最高に素晴らしい国じゃないですか。今はそれを変えようとしている。



もっと言うなら、今の先制攻撃が出来ない憲法につけ込んで相手国に攻められたら、応戦は出来るわけだからそれで十分じゅないですか。相手が来たら戦うで良いじゃないですか。



そんな事態が起きたら自衛隊の方は間違い無く命懸けで日本を護ってくれる自衛隊を舐めるなと言いたい。




見知らぬ戦地に日本人(自衛隊)が行って人殺しをし恨みを買って戦争やテロになり犠牲者が出るのと、自らは絶対に戦争は仕掛けず、例え先制攻撃の出来ない日本国憲法につけ込んで、万が一日本が先制攻撃をされ多大な犠牲者が出ようとも、不必要な人殺しは自らは絶対にしないという信念のある国を貫いて犠牲者が出るのとどちらを選びますか?




100%の安全なんて当然ない。見知らぬ戦地に出向く方が犠牲者が出る可能性は遥かに高いと思っています。




何より私は先制攻撃されても自らは絶対に戦争を仕掛けないという信念のある国になる事を望みます。




攻撃をされる事にビビって武器を持つ、先制攻撃出来るなんて、普通の外国と一緒です。その普通の外国が今まで戦争で血を流して悲しい歴史を作ってます。本当は誰も望んでない。



日本人として先制攻撃され犠牲者を出しても自らは仕掛けない覚悟を決めましょう。



武器を持って先制攻撃を出来るようにして相手に威嚇をする事が勇気のある国ではない。



相手が銃を持っていると知っていながら、自分からは攻撃はしないという立場をとれるのが一番勇気のある国であり、平和を願う姿だと信じたい。



みなさんはどのようにお考えですか?







   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif


≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2015.06.17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。