プロフィール

西 富士男

賃貸経営
コンサルティングマスター

詳細はこちら>>

最新イベント情報!!

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

大家検定(R)の動画説明

大家検定の概要とその種類を解説1 大家検定の資格を取得するメリットを解説2 大家検定の資格を取得する2つの方法を解説3

検索フォーム

携帯専用QRコード

QR

『大家検定の懇親会』大盛況!

100名近い参加者なので人脈も広がります!!

大懇親会の様子をアップしてますのでご覧下さい!!   

こちらをクリック>> 

お問い合わせ

お問い合わせ
おきてがみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安保法案と銃国家の共通点。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 








自衛隊について全く関係のない他国への戦争後方支援を行う安保法案が議論されている。



私は2年前に日本のリスクとして国家破綻と戦争が現実味を帯びるかもしれないと記事でもあげた。



少なくとも戦争なんて当時は無縁の雰囲気だったが、今ではかなりリアルになってきた。



時代は繰り返す。人類は70年スパンで大きな戦争をしている事からそんな記事を書きました。



今、いろいろ議論されている安保法案は銃社会と共通点がある様に思うのです。




ご存知の通り日本では銃刀法という法律があるので、銃を所持している事が非常識な国です。ただ、海外になると話は別です。銃を所持している方が常識である国も多い。



世界各国での100人あたりの銃所持人数(2007年のデータ)は次の通り。

1位、アメリカ 90人
2位、イエメン 61人
3位、フィンランド 56人
4位、スイス 46人
5位、イラク 39人
6位、フランス 32人



アメリカは銃国家なので多いだろうと予測はしていましたが、なんと9割もの人が銃を持っている事には驚きました。スイスやフランスも過半数弱と意外と高いのですね。




国民皆兵制のスイスでは数年前、徴兵が終わった後も自宅に銃を保管できる制度を見直すかどうかを問う初めての国民投票が行われ、賛成票43・7%、反対票56・3%となり、否決されたのです。




スイスでは、若者などが一定期間、兵役に就くことが義務づけられていて、有事の際には自宅に保管している軍用の銃を持って軍に参加することになっているのです。



国民投票で『銃は家で持っていた方が良い』という結論を出したのです。



永世中立国であるスイスは、投資家からも人気のある国で、戦争などが起きないという点から比較的ヨーロッパの中でも安全という認識があるため、マネーを同国に集める人が多いのです。



それだけに銃のニュースはイメージとは裏腹に意外な結果だったのと、同時に他国事ではなく、より身近に考えないといけない問題なのかもしれません。



でも何のために銃を所持するの?と思ってしまう。



答えはひとつです。それは家族や自身を護るための護身用か、いざという時の軍事参加のためですよね。




ちょっと考えると理解出来ますよね。自分以外の誰でも銃を簡単に入手し所有出来る環境なら、万が一銃口を自分に向けられたら、相手より先に自分が・・・となりますよね。



だから護身用として銃を持つ。目には目を・・銃には銃を、という考え方ですね。



今、議論されている集団的自衛権行使の安保法案は正に同じ考えではないかと感じる。



隣国からの軍事的な圧力から、万が一日本が攻撃されたら今の憲法では日本を護れないと。



武器を持ち先制攻撃が出来ると憲法を変えれば、相手が警戒し簡単には攻撃してこない様(抑止するため)に出来ると思ってるんですよね。



世の中そんなに甘くはないですよ!武器を持ったら一部の人が使うんです。使っちゃうんです。



もし銃社会に今回の安保法案の共通点があるなら、銃社会に視点を移しその問題点を見てみましょう。



銃国家で問題になっているのは、犯罪で悪用をする人が多い事と、自殺の加速につながったというケースがあるそうです。



海外ではほとんどの人が護身用として銃を所持していますが、毎日のニュースを見ても分かる通り、残念ながら銃を悪用し銃殺される事件が後を断ちません。



日本でも稀に銃の事件はありますが、海外に比べたらかなり少ない。その差は銃刀法という法律があるからという以外答えはありません。



今、安保法案で決議しようとしているのは銃を所有しましょうというのと同じだと思います。



銃社会が当たり前の海外でも、ほとんどの人が誤った利用はしていないでしょう。ただ、人間には悪い人が必ず数パーセントいて悪用がされます。悲しい犠牲者を出します。



これを国家がやったらどうでしょう?



戦争で後方支援なんて表現は海外には無く、そこにいたら敵対国と見なされます。必ず恨みを買いテロとか戦争という形で報復をされます



先程も言いましたが、銃刀法という法律があるから日本では銃の事件が少ない。ここにヒントがありませんか?



今は個人的に『国民が銃を持っていないのが当たり前』の日本は素晴らしいと思っています。海外にはない日本ならではの環境だと思います。これが一番安全な確率が高い。



様々な事がグローバル化し共益共存・協調しなければいけない時代になったとはいえ、全てを海外に合わせる必要なんてないですよね。



絶対に譲ってはいけないラインはあると思います。それを主張出来る経験をしているのが日本ですよね。



唯一戦争によって原爆を落とされた国として永遠に戦争は参加しないなんて最高に素晴らしい国じゃないですか。今はそれを変えようとしている。



もっと言うなら、今の先制攻撃が出来ない憲法につけ込んで相手国に攻められたら、応戦は出来るわけだからそれで十分じゅないですか。相手が来たら戦うで良いじゃないですか。



そんな事態が起きたら自衛隊の方は間違い無く命懸けで日本を護ってくれる自衛隊を舐めるなと言いたい。




見知らぬ戦地に日本人(自衛隊)が行って人殺しをし恨みを買って戦争やテロになり犠牲者が出るのと、自らは絶対に戦争は仕掛けず、例え先制攻撃の出来ない日本国憲法につけ込んで、万が一日本が先制攻撃をされ多大な犠牲者が出ようとも、不必要な人殺しは自らは絶対にしないという信念のある国を貫いて犠牲者が出るのとどちらを選びますか?




100%の安全なんて当然ない。見知らぬ戦地に出向く方が犠牲者が出る可能性は遥かに高いと思っています。




何より私は先制攻撃されても自らは絶対に戦争を仕掛けないという信念のある国になる事を望みます。




攻撃をされる事にビビって武器を持つ、先制攻撃出来るなんて、普通の外国と一緒です。その普通の外国が今まで戦争で血を流して悲しい歴史を作ってます。本当は誰も望んでない。



日本人として先制攻撃され犠牲者を出しても自らは仕掛けない覚悟を決めましょう。



武器を持って先制攻撃を出来るようにして相手に威嚇をする事が勇気のある国ではない。



相手が銃を持っていると知っていながら、自分からは攻撃はしないという立場をとれるのが一番勇気のある国であり、平和を願う姿だと信じたい。



みなさんはどのようにお考えですか?







   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif


≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2015.06.17

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。