FC2ブログ

プロフィール

西 富士男

賃貸経営
コンサルティングマスター

詳細はこちら>>

最新イベント情報!!

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

大家検定(R)の動画説明

大家検定の概要とその種類を解説1 大家検定の資格を取得するメリットを解説2 大家検定の資格を取得する2つの方法を解説3

検索フォーム

携帯専用QRコード

QR

『大家検定の懇親会』大盛況!

100名近い参加者なので人脈も広がります!!

大懇親会の様子をアップしてますのでご覧下さい!!   

こちらをクリック>> 

お問い合わせ

お問い合わせ
おきてがみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

容赦無い現実への選択。
考えただけで辛くなりました。

明日が当たり前に来るとは限らないんですよね。
後悔しない様に、日々感謝の気持ちを言葉で伝えることは大切です。
相手に対しても自分に対しても、笑っている事、怒らない事、等々今を大切にする事なのですかね。

青ち | URL | 2012-09-04(Tue)21:33 [編集]

Re: タイトルなし

青ちさんへ

いつもコメントありがとうございます。
現実はドラマよりも凄いです。容赦ない感じです。
辛い大きさだけ愛情も比例すると思うと救われます。

いつ天災が起きて明日がなくなるかもしれないと考えると
今出来ること、伝えられる事は即実行ですよね。

後悔しないようにしたいですね。

西富士男 | URL | 2012-09-05(Wed)21:51 [編集]

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

延命治療の是非。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」






あっという間に8月も終わってしまいましたが、個人的には8月はいろんな事が起きました。生きていると良い事もあれば悪い事もあります。(だから人生なんだといえばそれまでですが・・・







実は8月中旬に身近な親族が亡くなったのですが、亡くなるまでの間、ICUに入った本人を見舞うため、親族を連れて行ける日は私も朝・晩の面会に同行していました。






闘病を見守っている間にいろんな事を考えさせられました。






最初はちょっと体調が悪いという事で病院に行ったら即入院という流れとなったので、親族としては突然の出来事になりました。






思わぬ入院から2日後には体調が急変しICUに入り、人工呼吸器までつけられてました。人工呼吸器がついているので会話はほとんど出来ません。この姿は親族からするとショックなものでした。






日々体調は一進一退を繰り返し、その姿を見ては一喜一憂するという具合です。心労が重なる中、治療方法という観点でいろんな選択肢を家族は迫られます。






この薬を使うとこちらが悪くなる可能性がある・・・というように万事上手くいく方法はなかったです。この治療をすると最悪の事も覚悟して下さい。明日の朝までにご決断を・・・と冷酷なまでに現実を迫られます。






ついに出てきた医者からの言葉・・・『どれだけ延命しますか?』『最後は心臓マッサージもやりますか?』






ついこの前まで一緒に会話をしていたので、この時点では突然の状況が受け止められていません。でも決断しなければいけないのです。(これは辛いことですね)






今は医療も発達しており、心臓でさえ機械で動かす事も出来てしまいます。生きるだけなら本人の体力が衰える意外であれば生かせる事が出来るのです。






呼吸も機械の力を借りて、体には無数の管が入っており『何も会話ができない』『何も動けない』という状況で生きている事が本人にとって本当に良い事なのか?を考えさせられました。






本人はもしかしたら苦しいかもしれない・・・、迷惑を家族にかけたくないと思っているかもしれない・・・、苦しくても生きたいと思っているかもしれない・・・






本人はどう思っているのだろう?自分が本人だったらどう考えるだろう?と答えのないものを見つけるために何度も何度も考えていました。これは本人に聞かないと分からない事・・・。






延命という言葉は辛いものです。家族の願いからすると『どんな形でも1分1秒長く生きていて欲しい』『もしかしたら体調が改善し復活するかも』という少しの望みもあります。






ただ、そんな願いも空しく、世間がお盆シーズンのある日、夜中に家族全員に囲まれ静かに亡くなりました。






今回の件で思った事は、いかに生前に最悪の事態が発生した時にどうするか?を話しておく事だと思いました。明日が当たり前に来ると思っているのが勘違いかもしれない。






人間が唯一許された能力である『会話』をいかにするかが本当に大切だと痛感しました。感謝の気持ちもその時に言葉として伝える事をしようと思います。伝えられないまま・・・はやはり厳しいですよね。







みなさんも感謝の気持ちを普段から言葉として伝えましょう。















   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2012.09.04

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

容赦無い現実への選択。
考えただけで辛くなりました。

明日が当たり前に来るとは限らないんですよね。
後悔しない様に、日々感謝の気持ちを言葉で伝えることは大切です。
相手に対しても自分に対しても、笑っている事、怒らない事、等々今を大切にする事なのですかね。

青ち | URL | 2012-09-04(Tue)21:33 [編集]

Re: タイトルなし

青ちさんへ

いつもコメントありがとうございます。
現実はドラマよりも凄いです。容赦ない感じです。
辛い大きさだけ愛情も比例すると思うと救われます。

いつ天災が起きて明日がなくなるかもしれないと考えると
今出来ること、伝えられる事は即実行ですよね。

後悔しないようにしたいですね。

西富士男 | URL | 2012-09-05(Wed)21:51 [編集]

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。