FC2ブログ

プロフィール

西 富士男

賃貸経営
コンサルティングマスター

詳細はこちら>>

最新イベント情報!!

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

大家検定(R)の動画説明

大家検定の概要とその種類を解説1 大家検定の資格を取得するメリットを解説2 大家検定の資格を取得する2つの方法を解説3

検索フォーム

携帯専用QRコード

QR

『大家検定の懇親会』大盛況!

100名近い参加者なので人脈も広がります!!

大懇親会の様子をアップしてますのでご覧下さい!!   

こちらをクリック>> 

お問い合わせ

お問い合わせ
おきてがみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

西富士夫さん こんにちは

早速我が家の海抜を調べてみました。

我が家は海抜19mでした。

自分が中学生の時に水害に遭った為、今の家を購入する時に

色々と回って選びました。
水害に遭いにくい場所また近くに山がありその山が崩れてくる心配が無い場所という事で決めました。

また土地も確認しました。
沼地であったり以前川であったりと本当に自宅を購入する時は
色々と調べるべきでしょうね。

孫 まご 爺さん | URL | 2011-10-13(Thu)10:51 [編集]

有難うございます。

孫まご爺さんへ

いつもコメントありがとうございます。
早速海抜調べられたのですね。

山崩れも同時に調べられたのは正解です。
やはり万が一を調べておかないと後で大きな後悔を
する事もあります。

今後、周囲に不動産を購入する人がいたら少し教えて
上げて下さい。
海抜や地名から調べるだけでも大分リスクが軽減されます。

少しでもお役に立てたのであれば嬉しいです。

西富士男 | URL | 2011-10-15(Sat)23:00 [編集]

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不動産購入時は『海抜』を調べる必要がある。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
放射能情報(都道府県別)コチラ
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」










今年は地震による津波やゲリラ豪雨、巨大台風と、水害がこんなに多く起きた年もなかったのではないでしょうか?







このような水害が起きた事で不動産を選ぶ際の消費者心理や条件も大きく変わってきました。特に液状化等で地盤が強固かどうかは、購入する際の最低条件と言ってもよいかもしれません。







水害に遭いやすい地域を見極める方法の1つとして、地名から判断が出来るという内容はすでに過去の記事でもお伝えした通りです。

過去記事参考:地名から見る自然災害のリスクとは?






もう1つ大切な事として、そのエリアが海抜何メートルなのか?を知る事も水害を避ける為には絶対に知っておきたい事です。







例えば、海抜ゼロメートル地帯というのがあるのですが、これは海岸付近で地表標高が満潮時の平均海水面よりも低い土地のことを表わしているのです。







購入を検討している不動産の位置が、海抜でマイナスなら海水面よりも大きく下にある土地である事を示しているので、沿岸部では小さな津波だとしても住宅が浸水し大きな被害をもたらす可能性が高いのです。







逆に海抜がプラスなら浸水の可能性は少ないことになります。現在、東京では江東区、江戸川区、墨田区、葛飾区等の沿岸部で海抜がマイナスになっております。







不動産購入をする際には、液状化マップを見ると共に海抜も見る必要があると言えそうです。






ちなみに海抜を調べらるには、MAPIONというマップがありますので、是非、検討不動産や自宅を調べてみて下さい。地図上で調査エリアを検索して、右クリックをすると海抜〇〇メートルと出てきます。簡単です。















   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2011.10.12

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

西富士夫さん こんにちは

早速我が家の海抜を調べてみました。

我が家は海抜19mでした。

自分が中学生の時に水害に遭った為、今の家を購入する時に

色々と回って選びました。
水害に遭いにくい場所また近くに山がありその山が崩れてくる心配が無い場所という事で決めました。

また土地も確認しました。
沼地であったり以前川であったりと本当に自宅を購入する時は
色々と調べるべきでしょうね。

孫 まご 爺さん | URL | 2011-10-13(Thu)10:51 [編集]

有難うございます。

孫まご爺さんへ

いつもコメントありがとうございます。
早速海抜調べられたのですね。

山崩れも同時に調べられたのは正解です。
やはり万が一を調べておかないと後で大きな後悔を
する事もあります。

今後、周囲に不動産を購入する人がいたら少し教えて
上げて下さい。
海抜や地名から調べるだけでも大分リスクが軽減されます。

少しでもお役に立てたのであれば嬉しいです。

西富士男 | URL | 2011-10-15(Sat)23:00 [編集]

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。