プロフィール

西 富士男

賃貸経営
コンサルティングマスター

詳細はこちら>>

最新イベント情報!!

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

大家検定(R)の動画説明

大家検定の概要とその種類を解説1 大家検定の資格を取得するメリットを解説2 大家検定の資格を取得する2つの方法を解説3

検索フォーム

携帯専用QRコード

QR

『大家検定の懇親会』大盛況!

100名近い参加者なので人脈も広がります!!

大懇親会の様子をアップしてますのでご覧下さい!!   

こちらをクリック>> 

お問い合わせ

お問い合わせ
おきてがみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--

ネットからリアルへ。人と人の繋がりは大切です。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」









今日はカーテン開けたら雪・雪・雪・・・。 東京では1シーズンで降っても2~3回なので楽しみたいと思います。特に夜の雪化粧をした街中の風景は好きです。ただ、転倒をして怪我をする人も出てきているので注意して下さいね。







さて、本日は『ネットからリアルへ』です。






なんだ?と思われるかもしれませんが、現在はツィッター・ブログ・フェイスブック等、普段知りあう事の出来ない方と友達になりリアルタイムに交流をはかれる便利な時代となりました。






そんな中、情報交流をはかっている人の中で、実際に会う所まで発展する関係を築ける人ってどの位の割合いるものなのでしょうか?






私も不動産関係の懇親会等で多くの方とお会いしてきました。その中で結果的にフェイスブックで友達関係だったなんて事はありました。






実は昨晩、当ブログを通して1年位前からコメントの交流をはからせて頂いていた青谷製作所の青谷社長と直接お会いする事になったのです。


新宿宮川

日本酒の美味しい串焼きのお店で待ち合わせ。(食事は話しこんだせいか最後のおにぎりしか覚えてない。





青谷社長は自身もブログを開設しており、ここ1年位コメントを交換する関係になっていました。ブログの文から伝わってくる人柄や考え方に共感を抱いていたので、実際にお会いしたいな~という思いが漠然とありました。






そして実際にお会いする瞬間というのは、緊張するものです。初めてお会いするのですから・・・。でもこの新たな物語が始まるというワクワクした緊張感も新鮮でした。






実際にお会いすると、思っていた通りの誠実な人柄で、どこか熱い想いを秘めている社長さんでした。ブログでのコメントでは話せない内容もあったりとより深く会話が進んでいき、楽しい一時を過ごさせて頂きました。






青谷社長との出会いを通して感じた事は、人と人が繋がる道具は手に入れて参加していても、実際に会って関係を構築する人というのはどのくらいいるのだろう?と漠然と感じた事と、会わないのは勿体無いな~と感じた1日でした。






会って始まる未来、展開というのもあります。私はそういうのを何人も見てきています。時として人生を変える出会いになるかもしれません。






ただその反面、この仕組みを犯罪に利用をする人がいるのも事実です。お会いするという事はある程度の交流を事前にはかり信用出来るかというのを考えて行動する必要もあります。






社会人になり同じ業界にずっといると、偏った価値観になりがちです。全く異業種の方とお会いする機会というのはお互いが有益な情報や刺激を受けて発展していけるのではないかと思います。






人との出会いは人生において何より財産だと私は思っています。そういった意味では昨晩の青谷社長との出会いは大きな1日になりそうです。






最後に青谷社長、昨晩はありがとうございました。またお会いしましょう。












■ キャッチコピーにやられた。(カップラーメン37歳)

コンビニやスーパーで軽食を探そうとしていたら、思わぬキャッチコピーに心を奪われ購入してしまったという経験はないでしょうか?


実は私が先日思わず購入してしまったのがコレ 

カップラーメン37歳


そうです。『37歳』という言葉に親近感を感じ購入してしまったのです。これが37周年ならきっとスルーしていた事でしょう。ん~~、うまいな~。










   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

スポンサーサイト

2012.02.29

競合物件との差別化に利用?目の錯覚を利用した壁アート。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」








不動産賃貸経営をする中で空室問題は大家にとっては大きな問題です。






そのリスクヘッジの方法として、購入時に立地や価格、需要と供給のバランス、人口動態の将来予測、入居者募集時の戦略等、いろいろ考慮をして安全経営を目指されている事と思います。







最近では新築アパートを建築する際、デザインや設備・空間の利用を考慮して他物件との差別化を図り将来の入居者様を獲得していこうという投資家も多いですよね。







そんな中、もしかしたら他物件との差別化にもなり、同時に入居者様に楽しんで頂ける仕掛けとして活用出来るのではなか?と思わせる『目の錯覚を利用した壁アート』という作品を見つけました。







その作品を手掛けているのはスイスの現代美術アーティスト・フェリチェ・ヴァリーニさんです。ではまずその作品をご覧下さい。



壁アート1

階段の前に壁のようなものがあるように見えますが、実は壁は全くありません。


壁アート2

実際は階段や壁に描かれており、真正面から見たときだけ壁のように見えるという仕掛けなのです。


壁アート3

こんなデザインもあります。


壁アート4

これも壁ではなくこんな状況に実際はなっています。





不動産賃貸経営をする上で、この仕組みを上手く利用すればセキュリティーはもちろん、デザイン、入居者様に楽しんで頂けるものとして良いのかもしれません。皆さんはどう感じましたか?





そして大家さんのお茶目な性格も伝えられそうですし、物件内覧時に強烈なインパクトを与える事は間違いないでしょう。





ではその他の作品もご覧下さい。(参考:コチラ




壁アート5


壁アート6


壁アート8


壁アート10


壁アート11






いや~、実際に見てみたい・・・。












   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2012.02.22

『1円を笑う者は1円に泣く』。 (サブ:粋なカッコイイお婆ちゃん。)

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」








皆さん、バレンタインをいかがお過ごしになられましたでしょうか?幸せに過ごした人、家で涙を流した人、様々だったと思います。ちなみに私は家で普通に過ごしました。






先週の話しになりますが、電車で移動中にある若者男性2人が私の隣に座ってきた時の話しです。






その若者男性2人がお財布を出してお金の精算を始めたのです。金銭の受け渡しの時に一円が手からこぼれ落ちてしまいました。






私は当然拾うのかと思ったら若者男性の一人が『何だよ、一円玉じゃん。別にいいよ、汚ねえし…』






二人は笑いながら次の駅で電車を降りて行きました。






私は彼らが捨わなかったその一円玉を拾いました。小学校の時に父親が何気に口にした言葉が今でも強く残っているからです。






『一円を笑う者は一円に泣く』です。






一円玉が価値無いと思っている人がいる事がとても残念です。大きなお金も一円玉の積み重ねではないでしょうか?一円を大切に出来ない人に大きなお金が集まる事はないと感じます。お金に嫌われてしまいますよね。






不動産投資を中心に、資産運用というタイトルで当ブログもやっていますが、資産運用をするもっと以前の話しですよね。一生懸命働いて稼いだお金です。1円も大切です。


一円玉







■ インパクト強烈なカッコイイお婆ちゃんと遭遇。


またまた電車内での話しですが、恐らく80歳以上の背中が90度曲がったお婆ちゃんが杖をついて隣に座ってきました。






席に座った瞬間、小さなバッグからなんとiphone4sを取り出し慣れた手つきで操作を始めたのです。画面を覗くとフェイスブックにコメントを書いていました。






単純ですが、カッコイイ!!


高齢者が先端技術商品を扱う




私は、心のどこかでPCやスマートフォンのような先端技術が施された商品は背中が90度曲がったような高齢者はやらないだろうと無意識に勘違いをしていました。






そのお婆ちゃんを見た時、そう勝手に価値観を決めていた自分が急に恥ずかしくなりました。当たり前ですが、年齢に関係なく、対応する人は対応をして楽しんでいるんですね。






きっと、全くやらない高齢者よりも間違いなくこの電車で出会ったお婆ちゃんは楽しみが1つ多いのでしょうね。






私もこういう粋なお婆ちゃんのようになれるように変化に対応をして行きたいと強く思いました。皆さんはいかがですか?












   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2012.02.15

バレンタインの歴史&事実のエピソード。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」







今日は『バレンタイン』ですね。こういうハッピーなイベント&記念日はどんどん増やして欲しいものです。想いを抱く人から『チョコを貰えないなんていう切ない気持ちを味わうのも広義な意味では楽しさの中の1つです。






バレンタインである本日2月14日は世界的にも男女の愛を誓う日として認識されています。その歴史を見ると愛を誓う日も納得できます。


バレンタイン2




時は1207年のローマまで遡ります。当時の皇帝クラウディウスは結婚をして家庭を持つと、軍事力が弱くなるという考えから結婚を禁止していたのです。






そこにヴァレンチノ司祭という人物が愛の尊さを説いて皇帝に反抗をしたのです。結婚を禁止されている中、どんどん結婚を認めたのです。






やがて皇帝は反逆者としてヴァレンチノ司祭を処刑したのです。その日が西暦1207年2月14日だったのです。






このヴァレンチノ司祭の勇気ある行動は後世の人々を感動させ、やがて『恋人の守護神』として祭られ、殉職した日を『聖バレンタインデーとしたのです。







いや~、何気にイベントの1つとして子供の頃から楽しんでたバレンタインですが、実はこのような歴史があったのですね。






そんなバレンタインですが、私が学生の頃に考えさせられたエピソードがあります。






私のクラスにスポーツと勉強が両方出来る学年で女子から一番人気のあるA君と、ちょっとヤンチャで女子からは好かれていないB君がいました。






ただ、この二人は同じある女の子が好きだったのです。






2月14日のバレンタインデーは、A君がチョコレートを20個位貰っていて机の中や下駄箱にも手紙付きのチョコが入っていました。一方、B君を見たら女子も近寄っていない状況・・・。






その時、二人が好きだったその女の子がなんとB君のところに行って本命チョコを恥ずかしそうに渡したのです。B君は『ありがとう』も言えない不器用ぶりでしたが、表情から喜んでいるのは伝わってきました。






そうです、この光景を見て『どちらが幸せなんだろう?と学生ながら考えさせられたのです。






多くのチョコを貰い人気者のA君ですが、肝心な好きな子からは貰えていない。女子から不人気で1個しかチョコは貰っていないが、好きな子からは貰っているB君。






学生の頃は多く貰っている人が目立っており一見良さそうに見えますが、この時私はB君の方が良いと思いました。チョコを貰う数ではないという事を学んだ事実のエピソードです。







あっ、多く貰えてその中に本命の女の子からも貰っているのが一番良いのか・・・。でも楽しかったなぁ~。


バレンタイン1













■ 感動動画『ジョニーウォーカー黒ラベル』


たった30秒のCMでここまで内容の深いものはあまり見た事がありません。こういう人間でありたいと感じました。是非、ご覧下さい。













   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2012.02.14

ナースが聞いた『死ぬ前に語られる後悔』トップ5

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」







一時暖かくなったと思ったらまた大寒波。ジェットコースターのような気温変化は何とかならないものだろうか?私の周囲でも体調不良の人が多いので注意ですね。でも頑張りましょう。






本日のテーマは『死ぬ前に語られる後悔トップ5』です。


病室風景


いきなりどうしたの~?と思われる方もいるかもしれませんが、生まれてきた以上、必ず訪れるのが『死』です。どのようにその瞬間を迎えるかは生前の生き方、努力で変わってくるものだと感じます。






そこで人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さんの実体験のエピソードを紹介したい。






彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いとのこと。その後悔トップ5が以下のようになるそうです。




1. 『自分自身に忠実に生きれば良かった。』

『他人に望まれるように』ではなく、『自分らしく生きれば良かった』という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。



 
2. 『あんなに一生懸命働かなくても良かった。』

男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、『もっと家族と一緒に過ごせば良かった』と感じるのだそうです。




3. 『もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった。』

世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。



 
4. 『友人関係を続けていれば良かった。』

人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。『もっと友達との関係を大切にしておくべきだった』という後悔を覚えるようです。



 
5. 『自分をもっと幸せにしてあげればよかった。』

『幸福は自分で選ぶもの』だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を『快適』と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。






みなさん、いかがでしたか? 分からない事は過去の実例から学ぶ事が一番の対策であると考えるなら、Bronnie Wareさんが教えてくれた事で、後悔をしない為に今から出来る事もあるのではないかと思います。





私は4番の友人との関係を継続していれば・・・というのは心当たりがあります。一度きりの人生、後悔はしたくないので探して連絡でもしてみようかな?なんて考えています。












   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2012.02.08

『人種差別』のエピソードで粋な判断と行動が素晴らしい。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」







時間の経過するのは早いもので、今日から2月なんですね。厳しい寒さから風邪やインフルエンザが流行しているそうなので注意しましょうね。







実は1月初旬に携帯をiphone4sに変えたのですが、なんとアドレスと電話番号が全て消えてしまうというアクシデントに見舞われました。まぁ、何とかなるだろう・・・と楽天的な考えでいる自分が怖い・・・。







最近はフェイスブックにちょくちょく顔を出しているのですが、今日『人種差別』という話題でとても良いエピソードがあったのでブログにも掲載したいと思います。







競争社会は優劣をつけるレースなので、そこに差別や理不尽な出来事が起きる事は、ある意味自然な事なのかもしれない。







ただ、アパルトヘイトのような生まれながらにして本人の努力ではどうにも出来ない事への差別は許せない気持ちになってしまいます。そんな人種差別に対する良いエピソードがあったので是非ご覧下さい。





【人種差別】実際にあった話

397103_222556551168990_100002439406083_486687_1884501222_n.jpg


50代とおぼしき妙齢の白人女性が機内で席につくと彼女は自分の隣が黒人男性であるという事に気がついた。



周囲にもわかる程に激怒した彼女はアテンダントを呼んだ。



アテンダントが「どうなさいましたか?」と訊くと


「分からないの?」とその白人女性は言った。


「隣が黒人なのよ。彼の隣になんか座ってられないわ。席を替えて頂戴」


「お客様。落ち着いていただけますか」とアテンダント


「当便はあいにく満席でございますが今一度、空席があるかどうか、私調べて参ります」そう言って去ったアテンダントは、数分後に戻って来てこう言った。


「お客様、先ほど申し上げましたように、こちらのエコノミークラスは満席でございました。ただ、機長に確認したところファーストクラスには空席があるとのことでございます」


そして、女性客が何か言おうとする前に、アテンダントは次のように続けた。


「お察しとは存じますが、当社ではエコノミークラスからファーストクラスに席を替えるという事は通常行っておりません。しかしながら、或るお客様が不愉快なお客様の隣に座って道中を過ごさざるをえない、という事は当社にとって恥ずべき事となると判断いたしますので当然事情は変わって参ります」


そして黒人男性に向かってアテンダントはこう言った。


「ということで、お客様、もしおさしつかえなければお手荷物をまとめていただけませんでしょうか?ファーストクラスのお席へご案内します」


近くの乗客が、歓声をあげるのをその白人女性は呆然と眺めるだけであった。スタンディングオベーションを送る者もいた。






というエピソードです。このアテンダントの仕事ぶり、いかがでしょうか?素晴らしいですよね。



私もこういう判断と行動の出来る素晴らしい人間になりたいです。












   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

2012.02.01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。