プロフィール

西 富士男

賃貸経営
コンサルティングマスター

詳細はこちら>>

最新イベント情報!!

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

大家検定(R)の動画説明

大家検定の概要とその種類を解説1 大家検定の資格を取得するメリットを解説2 大家検定の資格を取得する2つの方法を解説3

検索フォーム

携帯専用QRコード

QR

『大家検定の懇親会』大盛況!

100名近い参加者なので人脈も広がります!!

大懇親会の様子をアップしてますのでご覧下さい!!   

こちらをクリック>> 

お問い合わせ

お問い合わせ
おきてがみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--

『変わらない』という価値観 &工藤一善さん新刊。

人気ブログランキングへ   少しでも記事がプラスになるな~と感じたら押して下さいね
                
≪こちらもお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ  現在1位  出来ればトップを維持したいので、応援ポチっお願いします。
にほんブログ村
  あらあら2位   更新、頑張ります!!
 


 地震に必要な情報コチラ 
『住まいリング』リンクバナー作成サイトコチラ


被災者のための仮住まい支援サイト「住まいりんぐ」







すっかりと寒さも厳しくなり『冬』の到来を体感させられます。そんな寒さの中、先日主に学生時代を過ごした大田区の『蒲田』に行ってきました。







実は9年前に幼なじみを自殺で亡くしており、彼の誕生日である11月に毎年必ずお線香をあげに行っているのです。仏壇にある彼の写真が年々若く見えてくるのが何とも不思議な感覚です。






お線香を上げるのと同時に学生時代を過ごした『蒲田』という街をついでに回ったりもします。随分、街の風景も変わり少し寂しい感覚になる事が多いのですが、その中で全く変わらないものもありました。


平成23年11月16日 005


今から28年位前、私がまだ小学生だった頃、塾の帰りに友人達と競争しながら行ったのがこのおでん屋さん。私にとってもかなり思い出深いおでん屋さんでした。






同じ場所に同じおばちゃん、同じ味がそこにはありました特におでんに付ける味噌の味が独特だったので、口にした瞬間『これだー!という感覚になり感動しました。






おばちゃんに小学生の頃来ていた事を告げて、何年位やっているのかを聞いてみた。







『もう40年以上になるよ。私はこの小さなおでん屋位しか出来ないけど、死ぬまでやるつもり。とさらりと言いのけた。カッコイイ!!





小学生の時は単なる美味しいおでん屋さんでしかなかったが、時が経過し、私も社会人でそれなりの経験をしている。おばちゃんには経営者としても、一人の人間の生き方として本当に尊敬です。







いろんな商品やシステムが常に『新しいモノ』を求めている激変の時代の中、『変わらない価値観』を見たような気がします。その『変わらない価値観』には新しいモノを開発しても勝る事の出来ない何かがあるのも感じました。







膨大な資金をかけて商品開発が常にされています。その様な時代を彩る斬新な商品に勝るものがあるとするなら、お金では買えない時間が経過(過去)した事で発生した『懐かしい』とか『初心を思い出す』と言った個人の想いが乗っかった商品なのではないか?と思います。







ちなみにこのおでん屋さんで、私は気がついたら1000円以上も食べてしまいました。いろんな意味でお腹一杯です。












■ 工藤一善さん新刊が素晴らしい!


J-REC神奈川支部長の工藤一善さんが新刊『40歳から人生が上向く自分サイズの成功の見つけ方』を出版されました。 遅ればせながら本日読破させて頂きました。


平成23年11月16日 009


内容は今までの不動産投資本とは志向が全く異なり、自己啓発本をさらに上回った成功人生誘導本という感じでしょうか。






工藤さんと言えば、昨年いろんな所で同行営業のような事をさせて頂き、商談の場で不可能を可能にするような感じでその実力の凄さを目の当たりにしてきました。







工藤さんの凄いところは、話しの持って行き方等の交渉術や知識は勿論ですが、相手をその気にさせる雰囲気作りがとても上手いと感じていました。







そして何より驚いたのが、商談前にはこういう結果に持っていこうという交渉筋書きというのがあるのですが、その場で相手から聞いた言葉一言で、新たなアイデアが出てきて、筋書きとは違う更に良い結論を導き出すプレゼンが瞬時に出来てしまうのです。この能力には圧巻です。







そしてそのプレゼン内容というのが、安定的な収入を得る部分とリスクを背負いながら大きく飛躍する部分とにいつも分かれた提案となっていて、経営者としての思考が素晴らしいな~と思っていました。短気・中期・長期の戦略がきちんとあるのです。







個人的にはどこからその発想が出るのか、工藤さんの人生の過去にヒントがあると強く興味を持っていました。時々話しの節々で本人に聞いてはいたものの、最も聞きたかった部分が今回の新刊でその過去が明らかになりました。







『自分サイズの成功』をしたい方は、その手段方法、思考がぎっしりと書いてありますきっとこの本を読んだ日から行動が変わるはずです。この新刊が人生を変える1冊になる人も出てくる事でしょう。







会社を何度も倒産させて成功を得る社長さんは多いですが、初めての起業で20年以上会社を安定的に継続させている工藤さんの実績はやはり他の方とは違いを持っているのでしょう。その違いも新刊にヒントが沢山ありますよ。







ある程度の成功を収めた経営者の中には、部下への配慮や気遣いを忘れてしまっている経営者も多いと思います。







それぞれの会社にそれぞれの文化があるので何とも言えませんが、社員が『この社長のために頑張ろう』と思われている企業が一番強いように思います。







そう思われている社長さんは『熱いハート』を持っていて、それを態度姿勢・言葉でしっかりと伝えている人ではないかと思います。






ちなみに工藤さんはかなり熱いハートがダイレクトに伝わってくるタイプです。そして人の心を動かす事で行動まで動かしてしまうのです。結果、不可能が可能に・・・。そのノウハウ・実体験が書いてあるのが今回の新刊でお勧めの一冊です。








最後に工藤さん、素晴らしい本を有難うございます。『訪販最強説』は激しく同感です。私も全ての礎になってます。













   ※浦田健氏とのご利益2ショットバナー(笑) 
     本日も応援の1クリックお願いします。


        br_decobanner_20101007230449.gif





≪不動産賃貸の事なら≫

~ 日本初の不動産投資専門資格 ~
賃貸経営実務検定「通称大家検定(R)」


賃貸経営コンサルティングマスター
神奈川第1支部相模原SG 西 富士男

スポンサーサイト

2011.11.15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。